流してはダメなもの

反対に流してはダメなものですが、こちらはズバリ、トイレ内で通常使用しない、あるいは持ち込む必要の無い全てだとの表現が当てはまります。水に溶けない物質は全て、また水溶性の物質でも、水を含む事で堆積を大きくしてしまう、あるいは一時的な凝固が見られる物質なども、流してはならないものの範疇に属します。極論を申せば「便と尿と適量の水溶性のトイレットペーパー以外は全部アウト」との把握が確実です。

修理専門業者それでも無意識に便器内に落としてしまい、拾い上げる前に視界から消え、便器から排水管へと送り出されてしまうケースも見られます。仮にその場は何事も無かったとしても、とりわけ金属や硬質な固形物である程度の体積だった場合、救急対応を謳うトイレ修理専門業者への相談をお薦めします。業者によっては現地出張から点検見積までは無料サービスを実施する業者もあり、出張依頼前の段階でも電話やメールなどで、的確なアドバイスを届けてくれます。

流してはダメだと認識する物体が流れていった場合、それが外部から手の届かぬ場所で停留してしまった場合、壁や床を剥がしての大掛かりな修理が必要となる位置でのトラブル発生のリスクが高まります。臆せず早急に然るべき専門業者に報告相談から、適切な処置を講じてください。

流して構わないもの

トイレのつまりを防ぐ基本中の基本として、流しても大丈夫な物の正しい把握が挙げられますが、トイレ使用という行為があまりに日常的過ぎるが故、自然と意識が向かないのも現状です。最初に確実に踏まえておくべきポイントとして、水に溶ける、タンクから流れ出す水で押し流される、この2つの条件のクリアが必要です。たとえばこれは冗談では無く、予想外に大量の便が便器内への堆積が予想される場合などは、排便と同時にまずは1度流すなどの対策も笑い話ではありません。巨体を誇る大食漢の方々などの中には、実践されている方々もおられる「常識」です。

トイレットペーパーまたつまりの原因として、水溶性ではない紙を使用から流す、備え付けのトイレットペーパーでも大量に使い過ぎ、水量では流し切れぬ状況からのつまりの事例も数え切れません。水に溶けぬ紙類は使ってはならず、1度に大量を流さぬ注意が求められます。その他気づかぬ習慣として、トイレ掃除時のゴミやホコリなどを便器内に落として流し、それらが管の中で堆積してしまってのつまりの事例も見られます。髪の毛などは風呂場や洗面台同様、水に溶けないために堆積から水分を含んで固まってしまい、管全体を塞いでしまうリスクが否めず、十分な注意が必要です。

トイレのつまり回避法

水が流れる管がつまってしまうのは、管の中を水流に乗って流れて行かず、管の内部の直系に対して大き過ぎる異物が流されてしまった、もしくは水圧では動かない質量を持つ異物が混在しているなどの原因が想定されます。こうしたつまりを招くリスクが懸念される物体を「流す」という行為自体問題ですが、もう1つ、流した時点ではその限りでは無かったにも関わらず、管の中で何らかの複雑な影響を受け、途中で停留してしまうケースも無視出来ません。

トイレトイレのつまりに関しても、先述の後者に該当する原因が数多く、利用者には悪意が見当たらず、単なる誤認識あるいはリスクに対する意識が見当たらぬケースが数え切れません。つまりが生じてしまった時点から遡って、それまでの使用歴を振り返る中、直接的にはつまりを招くとは思えず、複数の要因が複雑に絡まった結果、外部からは見えぬ下水管の中で、結果として異物が形成されてしまう展開は決して珍しくはありません。

ここでは以下、今一度原点に立ち位置を戻し、トイレに流しても大丈夫な物、流してはならない物を具体的に検証して行きたいと思います。それと同時に、一見大丈夫と判断出来ても、それを流し続ける事でつまりの原因となる異物の形成に繋がる可能性が否めぬ物など、もう1歩踏み込んだ確認作業から、日常の適正なトイレ使用スタイルの実践に繋げられればと考えています。ポイントはズバリ「リスクの種を摘み取る」正しい知識と意識です。

▼トイレトラブル関連情報▼
トイレつまりの予防法や対策方法