流して構わないもの

Pocket

トイレのつまりを防ぐ基本中の基本として、流しても大丈夫な物の正しい把握が挙げられますが、トイレ使用という行為があまりに日常的過ぎるが故、自然と意識が向かないのも現状です。最初に確実に踏まえておくべきポイントとして、水に溶ける、タンクから流れ出す水で押し流される、この2つの条件のクリアが必要です。たとえばこれは冗談では無く、予想外に大量の便が便器内への堆積が予想される場合などは、排便と同時にまずは1度流すなどの対策も笑い話ではありません。巨体を誇る大食漢の方々などの中には、実践されている方々もおられる「常識」です。

トイレットペーパーまたつまりの原因として、水溶性ではない紙を使用から流す、備え付けのトイレットペーパーでも大量に使い過ぎ、水量では流し切れぬ状況からのつまりの事例も数え切れません。水に溶けぬ紙類は使ってはならず、1度に大量を流さぬ注意が求められます。その他気づかぬ習慣として、トイレ掃除時のゴミやホコリなどを便器内に落として流し、それらが管の中で堆積してしまってのつまりの事例も見られます。髪の毛などは風呂場や洗面台同様、水に溶けないために堆積から水分を含んで固まってしまい、管全体を塞いでしまうリスクが否めず、十分な注意が必要です。