流してはダメなもの

Pocket

反対に流してはダメなものですが、こちらはズバリ、トイレ内で通常使用しない、あるいは持ち込む必要の無い全てだとの表現が当てはまります。水に溶けない物質は全て、また水溶性の物質でも、水を含む事で堆積を大きくしてしまう、あるいは一時的な凝固が見られる物質なども、流してはならないものの範疇に属します。極論を申せば「便と尿と適量の水溶性のトイレットペーパー以外は全部アウト」との把握が確実です。

修理専門業者それでも無意識に便器内に落としてしまい、拾い上げる前に視界から消え、便器から排水管へと送り出されてしまうケースも見られます。仮にその場は何事も無かったとしても、とりわけ金属や硬質な固形物である程度の体積だった場合、救急対応を謳うトイレ修理専門業者への相談をお薦めします。業者によっては現地出張から点検見積までは無料サービスを実施する業者もあり、出張依頼前の段階でも電話やメールなどで、的確なアドバイスを届けてくれます。

流してはダメだと認識する物体が流れていった場合、それが外部から手の届かぬ場所で停留してしまった場合、壁や床を剥がしての大掛かりな修理が必要となる位置でのトラブル発生のリスクが高まります。臆せず早急に然るべき専門業者に報告相談から、適切な処置を講じてください。