トイレのつまり回避法

Pocket

水が流れる管がつまってしまうのは、管の中を水流に乗って流れて行かず、管の内部の直系に対して大き過ぎる異物が流されてしまった、もしくは水圧では動かない質量を持つ異物が混在しているなどの原因が想定されます。こうしたつまりを招くリスクが懸念される物体を「流す」という行為自体問題ですが、もう1つ、流した時点ではその限りでは無かったにも関わらず、管の中で何らかの複雑な影響を受け、途中で停留してしまうケースも無視出来ません。

トイレトイレのつまりに関しても、先述の後者に該当する原因が数多く、利用者には悪意が見当たらず、単なる誤認識あるいはリスクに対する意識が見当たらぬケースが数え切れません。つまりが生じてしまった時点から遡って、それまでの使用歴を振り返る中、直接的にはつまりを招くとは思えず、複数の要因が複雑に絡まった結果、外部からは見えぬ下水管の中で、結果として異物が形成されてしまう展開は決して珍しくはありません。

ここでは以下、今一度原点に立ち位置を戻し、トイレに流しても大丈夫な物、流してはならない物を具体的に検証して行きたいと思います。それと同時に、一見大丈夫と判断出来ても、それを流し続ける事でつまりの原因となる異物の形成に繋がる可能性が否めぬ物など、もう1歩踏み込んだ確認作業から、日常の適正なトイレ使用スタイルの実践に繋げられればと考えています。ポイントはズバリ「リスクの種を摘み取る」正しい知識と意識です。

▼トイレトラブル関連情報▼
トイレつまりの予防法や対策方法